ブログトップ
ROSE DECO
rosedeco.exblog.jp
Souvenier・・・・・・・・・・Aennchen von Tharau






c0224013_19413627.jpg






c0224013_1942494.jpg






c0224013_19424489.jpg






この薔薇を見たとき直ぐに欲しい!と思いました
思ってからなかなか出合えなかった薔薇・・思い人・・そんな薔薇でした
私が<もうひとりの天才>と呼んでいるドイツ時代のゲシュヴィント氏作出の美しい蔓薔薇です
大きくもなく小さくもない美しいカップ咲きの花びらがほころぶとボタンアイが覗きます
ボタンアイ!良いですよね!
ボタンアイと云うだけで求めてしまうお友達がいますが。。私も大好きです♪
この薔薇の美点は数えればきりがありませんが
何と言ってもアルバローズの特徴の深緑色の葉脈のくっきりした美しい葉
なのに蔓薔薇だという事!
蔓薔薇でアルバの葉・・・なかなかないです
いやほとんど皆無です
私は小型の薔薇ならいくらでも求めますが大きくなる薔薇は慎重に選んでいます
いざ嫌になっても大型の薔薇はお嫁に貰って下さる方も少ないし
でも、この薔薇は私の中の<蔓薔薇>そのもの、完璧です
葉が美しい事
枝が細く芯がある事
小さくもなく大きくもない花であること
仄かな決して押しつけがましくない良い匂いであること(ゴージャスな匂いでは嫌なのです)
花弁が繊細である事
薄紙のように繊細な花弁・・・私にはとても大事な項目
この薔薇は雨粒が浸みこんでしまわないかとハラハラするくらい繊細でした
匂いも色もそれはそれは複雑でデリケート
ピンクのような象牙色のような・・・それなのに最後の印象はいつも白い薔薇なんですね
咲き始めのグレイを隠したピンクは素晴らしいのひとこと!
名前も好き
いい響きです
エンシェン・フォン・ターラウ
誰?どんな人?
妄想は膨らみます
この時代のこの国の音楽を聞きながら知らない町や山へ飛んで行きたい





c0224013_19423396.jpg



さて、この薔薇どこにどんなふうに仕立てようか?
[PR]
by rosedeco | 2011-06-26 00:00 | 古薔薇 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://rosedeco.exblog.jp/tb/16517442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by toki at 2011-06-26 01:09 x
歩夢さん、こんばんは。

少し遅すぎる時間ですね~~
私も好きなブリーダーです。
草笛で気になったバラでしたが、こんなに綺麗な写真を見せていただいたら、育てたい気持ちが止まらなく成りそうです。
アルバの葉は良いですよね~~~~

素敵な写真を見せていただいて、心が決まりました。
フワフワの優しい花びらを側で見ていたくなりました。
ありがとうございます。
Commented by samandra at 2011-06-26 11:38
こんにちは。
この写真を見て、歩夢さんの文章を読んだら 私まで今すぐ欲しくなってしまいます。そっとPC画面に触ってしまったわ。

嫌になって誰かにお嫁にやることも、あるんですね。ふふ。

ピータービールズさん、検疫や外国為替の振込手数料が
けっこうかかるのですね。今の私にはもったいないので
ちゃんと育てられるようになって、もっと詳しくなって どうしても
欲しい薔薇を見つけた時にお世話になろうと思います。
それも楽しみのひとつになりました。
日本に薔薇の本を買いに行きたいなー。

現代薔薇より、見れば見るほどオールドローズに惹かれていっています。

Commented by クリス at 2011-06-26 16:31 x
ロマンティツクに惹かれるのでしょうか・・・
このフワフワはロマンですよね~

薔薇はロマンそのもの
庭にいる時だけ恥ずかしがらずにどっぷりロマンティックに
浸れるような・・・・そんな時間が貴重なのかな~わたし・・

生活はどっぷり現実です。
Commented by rosedeco at 2011-06-26 18:59
tokiさん
私も同じくらいの遅い時間にtokiさんのページを見ていました♪
ルブス…大大好きです私!(笑)

ターラウをtokiさんも想っていたなんて嬉しいです
とても美しく繊細すぎる薔薇なので…
仕立て方や場所を考えないと良さが引き出せない?なんて感じました
スペースは限られていますので~
一等席の石壁にランブラーのプリンセスマリーかツルのターラウか、と葛藤中です(^^;
美しい薔薇が多すぎて何を選ぶか…悩みます
しかし、ターラウの花サイズは貴重に感じます
4、5センチでしょうか?
ツルは花は美しくても枝葉が受け付けないものが多く。。。
その点ターラウは枝葉も素晴らしいです
Commented by rosedeco at 2011-06-26 19:03
続きます…エキサイト300文字までなんです(^o^;

アルバの葉すばらしいですよね!
ターラウは初期のアルバの葉ではないですがよい葉ですよね
tokiさんの手によるしっとりしたターラウ楽しみにしています(^^)
お話できて嬉しかったです!!!

歩夢
Commented by rosedeco at 2011-06-26 19:14
samandraさん
そっと触ってくださったの?
ありがとうございます
勿論、現代のものにも素晴らしいものはあるのですが
オールド…長い月日を生き抜いてきたからでしょうか
凄味があります(笑)
繊細さは現代薔薇が到底越える事は出来ないと思います

そうですか…
残念(>_<)
私もお友達にそちらのオールドのナーセリーについて聞いてみます
うちから近かったらな~
本でもなんでもお貸しできるのだけど~(^^;

オールドを好きになってくださって嬉しいです♪

歩夢
Commented by rosedeco at 2011-06-26 21:43
クリスさん
こちらは昨日の猛暑が嘘のように寒いです
小雨混じりで曇り空、いい感じです♪
そちらはどうですか?

クリスさんのおっしゃるように、そう。。現実は。。。
ですね(笑)
だから逃避したくなるのでしょうね
私は古いものと古い薔薇に埋もれてその分量を増やそうと思っています(^^)
境目がなくなる日まで~(危険ですか~?)
ベラ・ドンナ綺麗に咲きましたか?
二番花も素敵な薔薇ですよ!
うちは二番花が咲いています…この子は病気にも強いです
しかし、薔薇の中にいるクリスさんが羨ましいなあ
旦那さまも薔薇愛好家になってくれたら良いですね(^^*

歩夢
Commented by wood-land at 2011-06-28 00:21
歩夢さんこんばんは。
先日草笛でこの薔薇を見て立ち止まりました。
好きなところはお花の色と形、うつむきかげん、葉でした。
好きだな~とは思ったのですが、歩夢さんのお写真を見たら・・・
あぁ、大変。。。特別特別素敵ですね!
どうしましょうね~
ちょっと考えます~^^

ゲシュヴィント氏作出の赤薔薇にも大好きなのがあるのです。
悩ましいです~
May
Commented by rosedeco at 2011-06-28 09:52
Mayさん
やっぱりMayさんも?
ターラウは薔薇に求めるものが凝縮されていますね
そう、俯くのです~(o^o^o)
私は結構前に村田さんで見て欲しくて欲しくて
でも、名前を忘れてしまっていて…
やっと手に入りました
今は鉢で2メートル近いですが鉢でも大丈夫そうですヨ
仕立て方はパーゴラでも良いって村田さんおっしゃってて
石の壁面か俯く花を見上げられるパーゴラか…
すごく悩んでいます
ゲシュヴィントさんは素晴らしいです
パトロンが付いてからとその前とで薔薇が微妙に違うところも面白いです
もっと流通してほしいブリーダーですね!
赤のゲシュヴィントより儚いターラウはMayさんのイメージにぴったり♪

歩夢
Commented by paokiti1959 at 2011-06-29 23:59
こんばんわ。
お写真とってもきれーねー。
エンシェン フォン ターラウ いままで見た写真で一番きれーな写真だと思う!
ぱお吉は毎年草ぶえに見に行ってるにょ。
でも、いつも時期が悪くて白く褪色が進んだところしか・・・
それでも「きれーだなぁ」って思ってた。
こんなにピンクが乗るんだねぇ~・・・
来年からは歩夢ちゃんのお庭でみしてくれる??
Commented by rosedeco at 2011-06-30 10:10
ぱおさん♪
ぱおさんも好きだったのですね(^^)
ぱおさんとは好きな子がたくさん一緒♪
お迎えしてみて…この薔薇は想像以上に凄かった
なんだか複雑な魅力の薔薇なの
最初のピンクは本当に綺麗でした
ジュノーとかシンベリンに近いニュアンスのあるピンクでした

そうしましょう(^^)
うちに見に来てくださいね
この薔薇が一番美しい時に連絡します
その前に植える場所も相談しちゃおうかな?

歩夢
<< SouvenierⅡ・・・・・... あれれれれ??? >>


オフィスくまがい