ブログトップ
ROSE DECO
rosedeco.exblog.jp
カテゴリ:原発( 33 )
時を動かすために







c0224013_0111669.jpg








山のある場所へ疎開しました。
子供と犬と私。
2011年3月11日から止まったままの自分の時間を動かしたくて。







c0224013_027248.jpg








そして、
汚染地で悩み苦しむお母さんと子供達の時間も動かしたかった。
どうしても、そうしたいと思って・・・これは、最初から決まっていた事だったと思う。
前世の続きだよね。







c0224013_0201647.jpg








あれからずっと、頑張ってきました。
『頑張る』って恥ずかしい感じの言葉だけど、私、頑張ったと思うわ。
恩師だった素晴らしい方のお嬢さんの疎開を見届けられた事。
1番の親友を海沿いから疎開させられた事。
自宅で保養受け入れた方々が何組も疎開してくれた事。
本当に嬉しかった。
汚染地から解放された彼女達は今、笑顔だよ。
勿論、悩みはある。。私を含め、お金がないとか、いろいろ(笑)
でも、笑顔。







c0224013_0151343.jpg








山道を愛犬と親友と気ままに散歩する日々を送れています。
美しい山々が心に迫って来る。
空気が普通に吸える。
色んな物を美しいと思える。
これだけで最高に嬉しい。







c0224013_0264310.jpg





今はまだ冷たく厳しい山々。
でも、もうじき此処は山桜で満開になる。
[PR]
by rosedeco | 2014-03-11 00:00 | 原発
選挙フェス@渋谷ハチ公前





c0224013_0472082.jpg




選挙フェス@渋谷ハチ公前



三宅洋平・緑の党
すべての武器を楽器に!


①文化を最大の輸出品に

②復興は補償から

③除染から廃炉ビジネスへ

④送電線から蓄電技術へ

⑤消費増税より金融資産課税を

⑥大規模農業から家庭菜園へ

⑦官僚主権から住民主権へ

⑧破壊の公共事業から再生の公共事業へ

⑨憲法9条を世界遺産に



4分頃から山本太郎さんと抱き合って登場。
圧巻
惚れるよ!

三宅洋平@渋谷ハチ公前 絶対見て!
[PR]
by rosedeco | 2013-07-20 00:00 | 原発
カザルスの母にならない為に私達が出来る事






c0224013_14305216.jpg

                                      Typ Kassel




戦争で死ぬのは、徴兵されただけの善良な市民だ。
恨むべきは敵の兵隊じゃない。
戦争を仕掛けたゴミのような政治家だ。
自分が死んでも家族は悲しむし、
相手が死んでも相手の家族が悲しむんだ。
一番悪いヤツは、人を人と思っていない、殺し合いをさせるクズ野郎の政治家だろ?
そんな奴らは追放だよ。






これは、チダイさんが呟かれた一言です。
全くもってその通りなんです。
涙が出てきます。。。
私が記事にしたいと想っていた事、そのもの。
引用させて頂きました。
今、自民党党首は憲法改正して日本人が人殺し出来る様にしようとしています。
そして徴兵を拒否したら懲役刑にすると公言する石破氏。
自民党狂っていませんか?
私は以前、原発が爆発してすぐの記事で、今日本には戦争の気配が漂っていると書きました。
あの頃はそんな事誰も云っていませんでしたから色んな方に何云ってるの?と云われました。
それが今、目の前の現実と成りつつあります。
今回、本当に本当に大切な選挙です。
この選挙で自民が圧勝などするようなら、私は日本を捨てる覚悟を持つでしょう。
カザルスの母の様に。
私は自分の子供を兵隊にする為に生み育てた訳ではないのですから。
友達からカザルスの母の話を聞いた時、とても感動しました。
その友が今回、戦争について選挙について原発について記事にしてくれた事に、
私は同じくらい感動しました。
私を含めこのような記事を書きたい人などいません。
みんな美しいものだけを書く為に始めたブログですから。
でも、今も福島で苦しむ方々の事を想うと優雅に綺麗事だけ書いているのは嘘だ。
そういう私の言葉に頷いてくださった友達。
何人もの友が決意してくださった事、泣くほど嬉しかったです。
ありがとう。


そろそろ目を開いて真実を正面から受け止めてもいいのではないでしょうか?
日本が今、危機的状況、没落寸前です。


私はミュージシャンの三宅洋平さんと福島出身の木田せつこさん応援しています!
お二方とも緑の党、比例区です。
東京都民なら迷わず山本太郎ちゃん!も書けますね♪(うらやましい)
『地球を取り戻す』
緑の党の考え方が好きです!
そう、経済主体の『強い日本を取り戻す』なんてどうでもいいことです。
小っさい事です。
今、リアルにナウシカの世界に成りつつあるのですよ?
そして、未だ苦しむ福島の子供達を助けずして何が経済だよ?。。と思う私。
脱原発、脱被爆、原子力協定にまでハッキリ言及しているのも緑の党だけだと感じます。



貴男が平和を願うなら・・・
選挙に行きましょう!
カザルスの母に成らない為に私達が出来る大切な2枚の紙、1票です。















*コメント欄オープンですがお返事が遅れます。申し訳ありません。
[PR]
by rosedeco | 2013-07-19 14:53 | 原発
るりたま






c0224013_2023458.jpg







嵐でした。
竜巻注意報も・・・
竜巻は来ませんでしたが、物凄い雷が近くに落ちました。
遊びに来ていた子供達はキャーキャー嬉しそう。。(私も)
今日も37度。。夜になっても30度。
熱中症、気をつけないとね。
嵐が去った後、庭へ出ると涼しげなルリタマアザミがぽんぽん咲いていました。
綺麗な色。
かわいい。






c0224013_20221066.jpg







この暑さの中、植物はぐんぐん成長しています。
その変化を輝きを毎日此処で見ていたかったな。
家や物に執着は殆どないですが。。庭は正直、去りがたい。
放射能が散撒かれなければ、
原子力発電が無ければ、
こんな事にはならなかったのですよね。






c0224013_20215991.jpg







井戸川さんの言葉が身にしみます。
「双葉町は45年間原発を受け入れて750億円得た。それで町を失った」
今度の選挙、深く未来を考えて投票したいと思っています。
子供達の被爆を第一に考えてくれる人に入れる。






c0224013_20223219.jpg






子供は未来そのものです。
子供が元気じゃない国に何が在るの?
いま、景気回復なんかどうでも良いことです。
福島を被災地を犠牲にしたままの景気回復なんてあり得ません。
福島や関東圏の子供達だけ放射能を強いられるなんて変ではないですか?
福島には今、「非県民」という言葉があるそうです。
福島に住んでいながら放射能の危険性を語ると、「非県民」と言われるのだ。
また、飯館村では帰村の動きに反対すると「反村」と言われるのだという。
みんなどうしちゃったのかな。。。福島ですよ?
住めないでしょ?
死んでも良いのかな?
私は汚された土地に住まされて誤摩化されて嘘つかれて、税金なんか払いたくない。
多くても少なくても同じ。放射能を許容したくありません。
それを『仕方ない』と云う大人が大嫌いです。
『子供や孫が死んでも仕方ない』
そういうことを言っているとおもう。
どうしちゃったのかな。
子供は何も選べないのですから。
十人十色考え方は在りますが、死んでからでは遅いんだよ。
被爆死したって過労死とか国民病とか云って誤摩化すはずです。
迷っていたら、早く、逃げましょう。
汚染地から立ち去ると云う事が1番の脱原発意思表示であると思っています。
日本を(東京を)存続させる為の私達モルモットなんだから。
疎開、移住、保養などのお手伝い、微力ですがお手伝い致します。
近いうちにきちんと形に出来たらと思っています!




色々在るけど・・・
楽しい事明るい気持ちを忘れずに♪
あなたと私の今日が素晴らしい1日に成ります様に♪

More
[PR]
by rosedeco | 2013-07-09 22:39 | 原発
2年3ヶ月






c0224013_3271120.jpg







薔薇のシーズンが終わりました。
窓の外は雨。
春が暑すぎて雨が降らなすぎたから、梅雨らしく雨が欲しいですね。
しかし・・・
関東の此の雨は安心出来るのでしょうか?
国が様々な事を放棄し、隠蔽している今、何処から安心出来るのか・・・
大人はこの際どうでもいいから子供のだけは教えて欲しいと思う人は少数なのでしょうか?
2年経って?経っても?声を上げる人を殆ど見かけません。
薔薇シーズンは親愛なる友のおかげでとてもとても楽しかったけれど同時進行で、
自分の疎開のこと、福島の母子疎開の手助け、友人の母子疎開のフォローをふたつ、
学校との交渉、市との交渉、などに当たっていました。
もうこんなこと、2年に成ります。。。
埼玉県や神奈川県の低線量区域(市測定0.04~0.08くらいの場所)でも
甲状腺検査で嚢胞や結節が多数見つかっていると報告を受けます。
今回、私が検査と疎開を強く薦めた横浜のママさんからも嚢胞が見つかりました。
知っている人なだけに・・正直とてもとてもショックでした。
まだ若いママです。
医者は、「気にする事無い。大丈夫。」と。
???
何が大丈夫なんだ?
此の春から突然の偏頭痛、ドライマウス、ドライアイ、倦怠感、その上嚢胞が見つかっても?
理解出来ません。
先生方はカルテに原発事故由来と書きたくないのでしょうか?
横浜は埼玉の三郷市周辺や千葉の柏市周辺に比べたら空間線量はずっと低いです。
それでも被爆症状は出るし甲状腺の異常も出ます。
空間は0.05マイクロ(市測定)でも、緑区の土壌は500bq/kg〜もありました。
そして、横浜の小学校9校の校庭の汚泥は8000bq超えています。
横浜在住の方はお子さんの被爆に十分気をつけてください。
もう皆さんご存知だと思いますが、
子供は50bq 大人は200bqから多くの人に異常が出始めるそうです。
川根真也先生のベラルーシ報告では子供30bq/kg(!)の土壌線量から危険だとおっしゃっていました。
因に埼玉の三郷は1500bq~3000bq、それ以外で200bq~
東京も深刻で500bq~1000bq平均でした。
千葉は。。友達のお庭で500bq。近くでは3000bqも。。東京より全体的に高い値です。
茨城県水戸市もとても酷い。。お時間のある方はこちらを見てください。
10人検査して9人からセシウムが検出されます。
ひたちなか海浜公園で今年に入っても0.55マイクロ以上です。
そんな場所で子供達は遠足のお弁当を食べています。狂っています。






c0224013_3274313.jpg







彼女は、「今が私の岐路。大切なときだと思う。」と疎開を決意しました。
旦那さんの理解が得られず、赤子を抱えて1人で不動産を廻りました。
とても頑張ったと思います。
でも、探していた甲府市はradexで測定すると空間線量が〜0.12マイクロと高かった。
良さそうな家も見つかっていたから、彼女の落胆ぶりを思うと胸が痛みます。
もう、山梨は手放しで安心できる土地ではないという事実を突きつけられ、
「あゆちゃんの疎開先の岐阜の家に暫くお世話になりたい。」と彼女から連絡を貰いました。
私もそれで良いと思いました。
全てが整った所で彼女のお母様から、
「娘が、また、迷ってる。」
配偶者が、淋しさに耐えられず騒ぎ出したからです。
自殺をほのめかすって、反則ですよね。
そういう旦那を何人も知っています。
その後、彼女から、
「旦那を置いて疎開は出来ない。」と、メールが来ました。
彼女の土壇場でのキャンセルはこれで2度目。
被爆症状も嚢胞もある奥さんの体の心配より自分の淋しさを優先させる旦那なのに。。。
母親に被爆症状があるならその子に被爆の影響が出る可能性の方が高いと考えた方が妥当です。
赤ちゃんは大人の少なくても30倍放射能の影響を受けます。
より、危険寄りの考え方をした方が子供のためになると、私は思います。
でも彼女はストレスでぼろぼろの旦那を最優先事項にしました。
彼女にはその選択がベストだったのでしょう。
自分の命や子供よりも。






c0224013_3291557.jpg




私はもう他人を説得したく在りません。
望まれた場合のみ精一杯手助けはします。。裏切られたとしても。
若い人には自分で決めて、納得して、腹を据えて生きてもらいたい。
旦那さんと一緒に疎開出来る様に頑張るそうです。
説得出来る日が来るのかな?
手遅れに成らないかな?
お子さんが心配です。
こんな事が3度4度と繰り返されません様に。
被爆を重ねません様に。
出来るだけ早く疎開出来ます様にと願っています。
関東以北の人間、被爆した人間にとって死は遠くの話ではなくなりました。
私はその事から目をそらさず様々な事を決断する様に心がけています。
意見の違う人を説得する気もないし、口論する時間もない。
私にムカッと来た方はスルーしてください。
もう2年です。
2年3ヶ月が経ってしまったのです。
福島の子供達の状況は悪く成るばかり。
何一つ良く成った事など無いままに2年が過ぎました。
今回の事を受けて、私の気持ちが少し変わりました。
無事に移住出来たら、その事を此処に書きたいと思います。
[PR]
by rosedeco | 2013-06-19 00:45 | 原発
希望・・・について。







c0224013_19323794.jpg







「絶望的な世の中で、どのように希望を持ったらよいのでしょうか・・?」
ある女性から投げかけられた言葉。
そうですよね。
酷いですよね。
先日も、ストロンチウムがセシウムの20%も放出された事が解りました。
今頃、アメリカのデータとして上がってきました。
ストロンチウムですよ・・・
ストロンチウムある所にはプルトニウムありですよ><
愛知以北の人間はアメリカの低線量被爆実験のモルモットなのでしょうか。
(私はそうだと思います。)
こんな事の連続・・・
私も震災直後から、ある意味ずっと苦しんでいます。
泣くときも多いです。
でも、私はビックリするくらい明るいタイプです。
私の友達は全員そう言うと思う。
悩み事もありません。
悩みは作らなければ良いのですから!
私は悩んだりしません。
悩むのと考えるのは違うよね。
震災後のほうが明るくなった気さえします。







c0224013_209936.jpg








でも、この2年間、
福島の事、放射能の事で頑張れば頑張るほど嫌な想いしかしていません(笑)
同じ守る会のお仲間さんには、
「あゆさんは優しい(ばか)なんだから!そんな人の事は放っておきなよ!」
と言われます〜
『そんな人』とは『汚染地で子供を育てようとする大人』のことです。
知っている事実をお伝えすると怒られたり罵られたり嫌われたり(笑)
でもね〜
性格ですよ〜
危険を知っていながら見て見ぬ振りできないんだよ〜
見ず知らずの人からの誹謗中傷は当たり前。
放射能が無かった事として今まで通り楽しく生きていきたい人は去って行きました。
時々他人にも自分にも、うんざりしますけど。。。全然平気♪







c0224013_8283726.jpg




毎日は、輝いていて美しい。
そして楽しいです。
明るい場所に焦点を当てていきましょうね。
明るい気持ちを忘れずに。。
Kさん、Sちゃんが、悩みの海に溺れません様に。
厳しい現実を正確に直視するためにも、明るく楽しい気持ちを忘れずに。
訓練だよ!(笑)
それに、私には好きな人がいるからね!
何人か大切な人がいます。
お仲間さんもいます。
私を信じてくれる人たちです。
ありがとう。














*スミレの花(フルックルズ)に数人から問い合わせ戴きました。。咲山草軒で求めたものです。
 売り切れでも問い合わせてみてくださいね♪
[PR]
by rosedeco | 2013-04-24 08:24 | 原発
本音・・・(3月16日ファン限定記事再掲)







c0224013_0571285.jpg






くさい言い方だと思うけど・・・真実はひとつだとおもう。
真実にたどり着けない日本人。
怖い事だと思っています。
今、本当に恐ろしい事が着々と進んでいる事に、どれだけの人が気付いているでしょうか。
何時の時代も恐ろしい事は水面下で行われてきたと思います。
水俣病も電磁波も添加物も農薬も洗剤も薬害も戦争も独裁も特攻隊も原爆も核実験もTPPも。
明るみに出た時はもう遅いのです。
魂を売ってでもお金儲けをしたい種族がいる。
だからとても怖い。
私が怖いと思うのは子供を想うからです。
子供が犠牲になります。
子供は色々な事を知っていて我慢しています。
親には言いません。。悪いから。。。
私はそんな子が可哀想で仕方在りません。
大人が今、頑張らなければいけないのに。
お願いだから途中で疲れてエートスにならないでください。
土を測ればそこが住んでいい場所かそうでない場所か解りますよね。
決して危険を煽っているのではありませんよ。
震災前、土壌100bq/kgは放射性危険物と法律で決まっていたのですから。
そこが危険かそうじゃないか測れば解る事です。
出来る限り防御して楽しく生きようとか、色々な立場の人がいるから難しいとか、
寝言は言わないで欲しい。
そんなの大人の事情でしょ。
子供には関係がありません。




発病した子供に「何でお母さんは逃げなかったの?」と聞かれたら何て?
「立場があるし、お金が大変だったし、勇気もなかったから。」って答えるのかな。
先ずは命が大事。
基本です。
私の言葉は独断と偏見に満ちていると、離れていく人もあります。
そういう方は大人の事情に忙しい方々でした。
子供はどんな時も大人を信じ委ねています。




私の知る福島のママさんは未だ地獄の中です。
助ける事と祈る事は似ているけれど、祈りだけでは足りない時があります。
実質的な支援もそうですが、
中には、ほんの少し寄り添うだけで救われる人、自殺しなくていい人、がいます。
『いつも見守っているよ。
何時でもウチへ逃げておいでね。』(ただし本気で)
私がしている支援は。。支援と呼べるか解りませんが。。
毎月、数十人に定期的にさせて頂いています。
無農薬米だったりチョコレートだったり花だったり本だったりパンだったり美味しいお酒だったりします。
変わった物では親しくなった疎開母子に古い着物っていう時もありました^^
みんな高い物ではありません。
それでも一人一人と信頼で結ばれます。
私がお金持ちだったら孫さんみたいに大金を支援出来たのに。。。と思いますけれど。
支援したい人を見つけ、ささやかな物であっても私の気持ちを届けることが出来たなら。
そう思っています。
何時も気に掛けてくれる人がいる。
そういう事が大切なんじゃないか。。と思います。
2年が過ぎた今、マスコミに踊らされ風化させないでください。
オリンピックなんて冗談じゃない。
今もまだ避難先で冷たいお弁当を食べている人たちが沢山います。
出来る事を惜しまずに。





お願いします。
















*sakiさんが良い記事を書いてくださってます。是非。
sakiさん、私たち(一緒にしてスミマセン)皆から遠い所へ来てしまったのかな。
。。何時も信じてくれてありがとう。
[PR]
by rosedeco | 2013-03-21 23:54 | 原発
二年間。







c0224013_3443494.jpg






あっという間の二年間でした。
震災直後から小さな子供達の事を考えてきました。
ボランティアが大嫌いな私が!です。
それは感覚的で止める事が出来ないものだったと思います。
まるで知らない自分が現れて、自分自身1番驚きました。
『子供達の初期被爆2年を抑えられないだろうか。
福島から疎開の手助けが出来ないだろうか。
疎開した母子に直接物資を支援出来ないだろうか。』
・・・微々たる力ですが少しだけ応援が出来たと思っています。
でも、二年を境に此処で呼びかけるのをやめようと決めていました。
私自身、自分が安全だと思う場所に子供と犬と美人さんと避難します。
核保有の反対や脱原発を思い切り唱う私が汚染地に留まっていては嘘。
関東圏は子供にとって決して安全な場所ではなくなりました。
最初から解っていた事ですが、プルトニウムもウランもストロンチウムも飛んでいるのです。
ストロンチウムはセシウムの半量が国土に降り注いだ事が解っています。
セシウムしか公表しないなんておかしいですよね。
行動あるのみだと実感・・体感しています。
自分で考えて、選び、動かないと、、後悔します。
大人しか子供を守れません。
赤ちゃんはどんな時も沢山の愛をもってお母さんを信じています。
最後の最後、
大事な人のお子さんとそのお子さんを連れて行きたいと思ったけど叶いませんでした。
変な言い方かも知れませんが。。今まで叶わない事は殆どありませんでした。
叶わない時そこには理由がある。
でも、理由を待つ間に子供が被爆する。。。大ジレンマ。
5年後。
10年後。
20年後。
どうかあなたの子供に病気の種だけはプレゼントしないでください。
お願いします。





二年という時が過ぎて、言葉が追いつかない所まで来てしまった様に思います。





二年間、流石に明るい私も色んな事で疲れました。
でも明日になればすっかり忘れて元気!
それは今まで共にやってきた仲間がいるから。
私を信じて支えてくれる人がいるから。
「辛いときは私を思い出してね。」
「そうするよ。」
「私もそうしましょう!」
皆でこんなふうにやってきました。
本当は仲間とか友情とかそういう言葉、嫌いなんですけど(笑)
子供を救おうと、本当に真剣にやってきたからね!
私なんてマークされてるし。(笑えない。笑。)
これからも宜しく!
浮かんで来る顔顔顔。
ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
どんな時も、潔く、愉快に生きて行きましょう。
お母さんなんだから笑ってね!

More
[PR]
by rosedeco | 2013-03-13 02:55 | 原発
渋すぎやない?
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by rosedeco | 2013-01-31 02:43 | 原発
井戸川克隆町長のことば







c0224013_413169.jpg






今年に入って原発と福島の記事を書いていません。
Twitterでは様々な事を書いてきましたが。。。
私はとうとう日本に絶望してしまったようです。
政治にも。
一般市民にも。
友人知人にも。
親にも親類にも。
心から信頼する一握りの人をのぞいて。
何人かの方には連絡を頂きましたが返信していません。
もう、おつきあいはできません。
お別れのお返事くらいすべきだったかも知れませんが・・・・・
夢の続きだけを生きる人達とは何を話して良いのか本当に解らないのです。
震災が無ければ趣味の話で盛り上がって良い友人関係を築けたかも知れません。
残念です。
しかし今はこれが現実。。ごまかして生きるのは好きじゃない。
今までありがとうございました。
私が1番好きな薔薇、オマール・カイヤームをお別れに。







c0224013_413429.jpg








今日は私の住む町で双葉町の方を描いた映画が上映されました。
私が参加している会もお手伝いしています。
そうなんです。
私が住む町は双葉町の皆さんが震災当時から避難している町。
あの聡明で優しい井戸川さんは今、どんなお気持ちでしょうか。
自ら町長辞任されたのはまだ数日前の事です。
この事で私は何だか本当に芯から疲弊してしまったようです。
直ぐには記事に出来ませんでした。
井戸川町長の最後の言葉を是非、お読みください。
長文ですがお願いします。
これは井戸川さんの叫びです。






   双葉町は永遠に



私たちは前例の無い避難という過酷な状況に置かれています。
いつまでも海原を漂流するわけにはいきません。
早く上陸地を国が準備して、再興できる日を求めてきました。
しかし、時間が足りませんでした。
放射能のないところで平和な、皆が集える町ができることを祈り町民の安寧を願って、
私は本日、双葉町長の辞職申し出をしました。
私の今までの取り組みから次のことを申し上げたいと存じます。


1 事故に負けない
原発事故で負けるということは、今のまま、何もしないことである。
双葉町民には負けてほしくない。
勝ってそれぞれ生き抜いてもらいたい。
今はそれぞれの地に離れて住もうとも、廃炉が完了して故郷から放射能の危険が去り、
自然と共生出来るようになったら再結集しよう。
我が子どもたちへ、この悔しさを忘れることなく、
何としても生き抜いて何倍も幸せな双葉町を再建していただきたい。
そのためにも負けないで学び、求められる人になれ。
世界の雄になってもらいたい。


(1) 負けないということは以下のことを忘れないこと
①避難してくださいと国から頼まれたこと。
②東電と国は事故を絶対起こさないと言っていたこと。
③町と県と東電には安全協定があること。
④事故は我々が起こしたものではないこと。
⑤正式な謝罪と見舞いがないこと。(形のあるものではないこと)
⑥自分の権利は自分以外に行使できないこと。
⑦被ばくさせられたこと。
⑧放射能の片付けをさせられること。
⑨20msv/yで町へ帰ること。(一般公衆の限度は1msv/y以下)


(2) 勝つためには何をしなければならないか
①事故の原因者を確定すること。
②我々の受けた損害のメニュー作成すること。
③損害の積算をすること。
④回復の請求をすること。
⑤回復の限界と代替を請求すること。(仮の町、借りの町)
⑥立証責任の不存在を共有すること。
気づくこと。
水俣の住民の苦難を学ぶこと。
広島・長崎の住民の方に聞くこと。
⑩避難先の皆さんの恩を忘れないこと。
⑪多くの町民が健全な遺伝子を保つこと。
ウクライナの現実を確認して同じテツを踏まないこと。


(3) 町民の力を結集すること
①役割分担をすること。
 ・汚染調査 ・除染問題 ・賠償問題
 ・住居問題 ・職場問題 ・健康問題
 ・墓地問題 ・学校問題 ・中間貯蔵施設問題
 などの調査研究する組織をつくり町民の不利益を解消すること。
②事故調査委員会をつくること
事故の報告書には避難を強制された住民の実態が語られていない。
外部に任せていたらいい加減に処理されてしまうので、
委員会を町独自に構成して正しい記録を残さなければならない。


2 主張する権利を行使する
①見守り隊の組織
②法律家の組織
③文書学事の組織
④ボランティア活動組織
⑤被ばく被害者団体の組織
などを組織して国民の主権と被害者の復権を勝ち取らなければならない。

3 この世には先人の教えがある

(1) 温故知新

歴史から新しい発想が出てくる。自分が直面している問題について語られています。
遠くは私たちの祖先である標葉藩が相馬に滅ぼされたこと、会津藩が長州に負けたこと。
しかし、負けても滅びる事もなく私たちは生きてきました。
先人達に感謝し、これからは私たちが町の存続を引き継ぎ後世に繋がなければなりません。
今度の事故は前例がありません。
今は子どもたちを放射能の影響によるDNAの損傷を避けて暮らし、
幾多の困難に負けずに 双葉町の再興に向かって、生き延びましょう。

(2) 人生に五計あり
 
中国、宋時代の朱新仲が教訓として伝えた人生の処世訓とされるものです。
生計、身計、家計、老計、終計があり、生き抜く考えが記されています。

(3) 八正道と言う道

昔、釈迦がインドで行われていた求道について、新しい道があることを説いたとされています。

正見  : 正しい物の見方
正思惟 : 正しい思考
正語  : 偽りのない言葉
正業  : 正しい行為
正命  : 正しい職業
正精進 : 正しい努力
正念  : 正しい集中力
正定  : 正しい精神統一

今の私たちにはこのような精神にはなれません。
この言葉は東電と国あるいはこの事故を被害者の人権を無視して矮小化しようとしている勢力に
猛省を促す言葉として捉えてほしい。
願わくば、双葉町の子どもたちに人生の教訓の一部として、心に刻んでほしい。

この事故で学んだことは多い。
我国でも人命軽視をするのだと言うことがわかった。
国は避難指示と言う宣戦布告を私たちに出した。武器も、手段も、
権限もない我々はどうして戦えるだろうか。

白河市にアウシュヴィッツ博物館がある。
ナチスがユダヤ人を毒ガスで虐殺したことは衆目の事実だ。
福島県内では放射能という毒で県民のDNAを痛めつけている。

後先が逆だ。
この状態から一刻も早く避難をさせること以外に、健康の保証は無い。
その後に十分時間をかけて除染をやれば良い。
人工放射能に安全の基準を言う実績が少ない。
20msv/yで住めると言う人が家族と一緒に住んで示すことが先だろう。
その安全が確認出来たら福島県民は戻ればいい。
これ以上モルモットにするのは、外国の暴君が国民にミサイルを撃つのと変わり無い。
福島の復興なくして日本の再生はないとは、人口減少の今、将来の担い手を痛めつけていては、
真に福島の復興には繋がらないと心配している県民は少なくないと思う。
双葉町は原発を誘致して町に住めなくされた。
原発関連の交付金で造った物はすべて町に置いてきました。

原発の誘致は町だけで出来ない、県が大きく関わってはじめて可能となる。
私たちは全国の人たちから、
「お前たちが原発を誘致しておいて被害者面するな」
という批判を受けている。
私たちはどこにいても本当の居場所がない今、苦悩に負けそうになりながら必死に生きている。
子どもたち、高齢者、家計を支えなければならないお父さん、お母さんたちの悲鳴を最初に菅総理に訴えた。
変わらなかった。
そのために私は野田総理に国民としての待遇を訴えたのです。
しかし、今の町民の皆さんは限界を超えています。
何とか国には町民の窮状を訴え、町民には叱られ役をやり、マスコミに出されるようにしてきました。

県にも窮状を訴えています。最近も質問をしました。
回答は具体的な内容ではなく失望しました。
知事は福島の復興のために双葉町に中間貯蔵施設を造れと言うので、
双葉町の復興はどうするのですか、と聞くと答えてくれません。

そこで、踏み込んで私に町をくださいと言いましたがやはり答えませんでした。
これでは話し合いになりません。

環境省の局長にどうして双葉に二つの場所を決めたのですかと聞いたら、分かりませんと言いました。
では会議録をみせてくださいと聞いたら、後日ありませんと言う返事でした。
このようなことで、調査だけで建設はしないからと言われて、ハイいいですよとは言えません。
町には古くから先人が築いてきた歴史や資産があります。
歴史を理解していない人に中間貯蔵施設を造れとは言われたくありません。
町民の皆さんが十分議論した後に方向を決めていただきたい。
若い人に決めてもらうようにしてほしい。



今まで支えていただきました町民の皆様、双葉地方各町村をはじめ福島県内各市町村の皆様、国及び福島県そして事故発生時から避難救済にご支援いただきました国民の皆様、国会議員の皆様、全国の自治体の皆様、埼玉県と埼玉県議会の皆様、県民の皆様、加須市と加須市議会の皆様、市民の皆様、さくら市の皆様、医療界の皆様、福祉関係の皆様、貴重な情報の提供された方、最後に国内並びに世界中からボランティアのご支援をいただきました皆様、この避難を契機にご支援いただきました多くの皆様に支えられて、ここまで来ることができました。心から感謝を申し上げまして、退任のご挨拶に代えさせていただきます。
 

長い間誠にありがとうございました。
 
 


平成25年1月23日

双葉町長 井戸川 克隆







c0224013_41498.jpg





素晴らしい方です。
双葉町の次期町長は東電関係者とか。
どうしたら良いのか解りません。
もう、日本は駄目かも。
正直な今の感想です。




福島から逃げたい母子をずっと全力で支援しています。
家族に監視されて動けない方、
疎開先を探している方、
一時避難先から連れ戻されそうな方、
ただただ淋しい想いでいっぱいのお母さん、
私に連絡ください。
TwitterのDMにお願い致します。
[PR]
by rosedeco | 2013-01-28 04:38 | 原発


オフィスくまがい