ブログトップ
ROSE DECO
rosedeco.exblog.jp
<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
梅雨に






c0224013_1758145.jpg





此処はどこ?
日本ですか?
もしやベトナム?
暑いだけなら良いんです我慢します・・・
嫌なのはこの、湿気
ああいやだ。
大きいジップロックに閉じ込められてるみたいだよぉ~~~!

・・・文句ばかり言ってもど~にもならないから、こういう時は模様替え。
ベッドサイドテーブルを新しくしてみました。
茶色のものから淡いブルーグレイに。
このタイプを2年は探してたかな(笑)
2つ対で欲しいとなるとなかなかなくて。
出会いは日曜日、雷門クンとデートの途中立ち寄ったお店のショウウィンドー。
探すとないのに、忘れたころに現れるのね・・・
2秒くらいで買いました。

家具の色で好きなのはグレイ。
水色かかったGray・・青が強いGray・・白っぽいGray・・・みんな好き。
貧乏性なのか?・・ピカピカに光った茶色い家具はフランスアンティークでも苦手です。
誰かにペイントされて、少し剥げてるくらいがちょうどいい。
そして、Blue Gray はこの季節、特に爽やかさを運んでくれます。
庭のラヴェンダーをサイドテーブルに置いて。
今晩は夢の中、その香りで何処かへトリップできるかな・・・
できれば、フランスの石造りのシャンブルドットお願いしま~す♪






c0224013_275058.jpg

[PR]
by rosedeco | 2010-06-28 18:25 | Trackback | Comments(14)
Souvenier Ⅳ・・・・・・・・・・・・・・・何処までも俯いて






c0224013_1132735.jpg





c0224013_1124529.jpg






Guillot の薔薇が好きです。
近年ではジェネロサと呼ばれていますね♪
最近もマダム・ポール・マサという薔薇とロマゾーヌ・ジャノンという薔薇で悩みました。
現代の薔薇を買うときは本当に悩みます。きりがないでしょう?
幸い、私には相談できるマダムがいるので、必ず聞きます♪
博学で信頼できる感性のお友達がいてくださるって本当にありがたいことです。
OR だと何となく、作者と木や葉の感じでどんな薔薇か想像がつくのだけど・・今の薔薇は判らない。
でも、ギヨーの薔薇って妙に魅かれるんですよね。
フランス的な、ゆるさ?遊び?みたいなものが感じられて好きなのかもしれません。
今日の薔薇はパヴィヨン・ド・ブレイニー・・・勿論、Guillot の薔薇・・・・・ORです♪
この薔薇を買う時もマダムに相談しました。
花弁が堅そうなのと、OR にしては新しいので心配になって。
「パヴィヨン・ド・ブレイニーは素敵ヨ~、アユちゃんあの色、気に入ると思うわ~」
とのお返事。
はい・・その通りでした。
だって、パープルかかったピンクと白のリバーシブル!
花弁の後ろ側が白っぽいのです。
けして派手な花じゃないのに、そこだけがぱっと華やいで、霞がかかるような・・不思議な雰囲気。
四季咲き性も良好です。
名前も可愛らしい!
この薔薇以降、ギヨーの古い薔薇を見つけると条件反射で買うようになりました(笑)
ジャイアン・デ・バタイユ
マダム・カミュ
コンテス・ド・バルバタン
エリザ・ボエル
カトリーヌ・ギヨー
マダム・ルナイー
ローラ・ダボー
マドモアゼル・フランチェスカ・クルーガー
などなど・・「古いギヨー探してみます」っていう方がいらっしゃったので、思いついたのを書いてみました。
あ!時代を括った偉大な薔薇、ラ・フランスもギヨーでしたね!

因みに現代のギヨーで持っているのは2本です(^^)







Pavillon de Pregny
作者:Guillot
作出:1863年
系統:Noisette
memo:花6~7cm。1mくらい。鉢栽培向き。フルーツの混ざった良い香り。四季咲き良。
[PR]
by rosedeco | 2010-06-25 00:30 | 古薔薇 | Trackback | Comments(21)
SouvenierⅢ・・・・・・・・・・囁き。






c0224013_23562518.jpg








子供の時、通学班で歩いていると木とか花とか太陽が話しかけてきて(気がして)よく学校を通り過ぎてました。
夢に向かって歩けばよかったけど、歩きながら夢を見る子に・・・・・
今でも、暫し妄想を。。。(^^♪
いいや、妄想するために生きているような気もする。
多かれ少なかれ・・そうですよね?・・・ね?
だって、綺麗なものがあまりないから 自分で作ったり育てたり・・・で、妄想♪
この春、白い服を着たヨーロッパのお姫様の様な方と知り会って2人妄想の森を彷徨っております。
止める人がいません。。。

薔薇の話声・・聞こえませんでした?






c0224013_23573534.jpg





c0224013_23584835.jpg







今日の薔薇は5月に咲いたガリカローズ。
ピンクのイプシランテと紫のカーディナル・ド・リシュリューです。
毎日、この薔薇の前で立ち止まっていました。
話声が聞こえるようで・・・

よく、何故そこまでオールドローズ?って聞かれると現代の薔薇と隣り合わせて育ててみて!
って答えてます。(乱暴)
だって、現代の薔薇はあまり囁きません。。。

写真は2つの薔薇が共に褪色して今にも散るところ。
散り際の薔薇が好きです。
何でも咲き始めと終わりが好きです。
褪色した色の美しさも古いオールドローズ・・・特にガリカの特徴かなと思っています。



リシュリューはイプシランテを残して散ってしまいました。






c0224013_0272243.jpg





c0224013_0275499.jpg





c0224013_0281823.jpg

[PR]
by rosedeco | 2010-06-22 01:05 | 古薔薇 | Trackback | Comments(14)
救出成功♪






c0224013_12363479.jpg





梅雨らしい雨・・好きです・・・昨日はそんな1日。
ふと、見るとマダム・アルフレッド・ルージュモンとジェームズ・ヴィーチが咲いていました。
雨に濡れた姿が美しくて、外へ飛び出しました。
(あの、私、傘もささないしカメラもそのままなんですけど・・・・壊れるものですか?)
この苗は春先に、ホームセンターで安くなっていたもの。
京阪さんの大苗が1000円。
まともな葉っぱ、1枚もなくて、黒点と水切れで酷かった。
すでに2つ共持っている薔薇だったけど・・・好きな薔薇だから後ろ髪ひかれて。
正直、ここまで酷いとダメかもなあって思うくらいの状態でした。
先ず家に帰って、黄変した枝を切り戻して黄色い葉っぱを取り除いたら丸坊主・・・(*_*;
それから、竹酢液を散布して、ポット上の土だけ変えて、カニガラでマルチ。
そして、「頑張れ~ 戻ってきて~」っと。
薔薇があっという間に終わってしまって・・・寂しさでいっぱいの時期に咲いてくれました。
いつの間にか、ツヤツヤの葉っぱを茂らせて復活していたの!
嬉しい♪ 
有難う♪





Mme.Alfred de Rougemont
c0224013_12383529.jpg

c0224013_14223811.jpg






この、マダム・アルフレッド・ルージュモンは四季咲き薔薇の中では1番好きかも。
キャリエールと悩むところ。
もういいよ!ってくらい何回も咲く(^^)
花弁が少し固いのが欠点(私にとっては)だし、葉っぱもモダンぽくて好みの系統じゃないのだけれど。
佇まい? に魅せられてしまいました。
花首が長く、とても細い枝に小さめの花。
スレンダーで少し生意気なフランスの若いマダム。
サガンの小説に出てきた主人公を思い出すのは私だけ?
何時も、ツンッと咲いてます。(そう見える)
春1番は白で咲きますが、今回はピンクが強く咲きました・・これも可愛い♪
可愛いなんて言うとルージュモンに怒られそう。






James Veitch
c0224013_1347871.jpg

c0224013_1239247.jpg






こちらも大好きなモスローズの四季咲き種のジェームス・ヴィーチ。
キレイなモスも沢山ついているし、花形もとっても整っている薔薇・・・
秋に咲くこの薔薇を見た時は驚きましたもの、綺麗すぎて!
だけど、気温が高いこんな時期は花がみんな開いてしまうのね。
気持ちわかるよ~、私も暑いの嫌~、溶けそうだもん~~~
だけど・・・こんなに頑張ってくれたらアバタもエクボ(^^♪
秋のこの薔薇がとても好きだから、期待しましょう。
生き返ってくれただけでもヨシとしなければね♪






Mme.Alfred Rougemont
作者:F.Lacharme(France)
作出:1862年
系統:Bourbon Noisette
memo:花5~6cm。白から薄いピンクの花色。とても良く咲きます!鉢栽培可。
James Veitch
作者:Verdier(France)
作出:1865年
系統:Moss
memo:花5~6cm。赤~クリムゾンレッド。四季咲き性良し。秋花が大好きです。
[PR]
by rosedeco | 2010-06-19 13:55 | 古薔薇 | Trackback | Comments(14)
SouvenirⅡ・・・・・・・・・・・・・・・お昼ごはん










c0224013_12343877.jpg







                           雨に痛んだ Blan de Vivert 
                              捨てるには忍びなく
                           古いフランスのお皿に載せて








c0224013_23482239.jpg





                               翳りを含んだ白
                                時を止める









購入の参考に♪

more
[PR]
by rosedeco | 2010-06-16 14:07 | 古薔薇 | Trackback | Comments(17)
Souvenir







c0224013_324162.jpg







Souvenir・・・・・思い出?・・・追憶?
あやふやですが(笑)
これからもう少しだけ<Souvenir>と題して5月に咲いた薔薇をUpしたいと思っています。
お付き合いいただけましたら大変に嬉しいです♪


Souvenir を飾る1枚目にはこの薔薇をと決めていました。
岩下敦也さん作出の<Under the Rose> シリーズの薔薇、Bella Donna (べラ・ドンナ)
最後の1輪を切り花として何日も楽しんでいました。
或る時、手を翳したら信じられないくらいに美しくパサッと花びらが落ちました。
もう1本求めて、毎日この薔薇を1輪だけ飾りたい。
その時、そう思いました。
幼いころ家には紫の薔薇が何本もありました。
母は紫が1番好きなんです。
マダム・ヴィオレ
ブルー・リバー
ブルー・ムーン
シャルル・ド・ゴール・・・などなど
母のお気に入りは確かシャルル・ド・ゴール
私はブルー・リバー
お茶のテーブルには薔薇。
Bella Donna は小さかった頃の記憶を呼び覚まします。
なんだか遠くへ来てしまったようなそんな気持ち?





c0224013_2595019.jpg





                               素敵な薔薇です










Bella Donna
作者:岩下敦也(日本)
作出:2010年
memo:花8~10cm。花もち良い。房咲き。丈夫で葉っぱはいつもつやつやです♪
[PR]
by rosedeco | 2010-06-13 00:57 | Trackback | Comments(22)
最後の赤







                            みんな散ってしまいました






c0224013_037073.jpg

                         






                         最後の赤い薔薇は美しいTuscany





  

まだあります♪

More
[PR]
by rosedeco | 2010-06-10 23:59 | 古薔薇 | Trackback | Comments(18)
薔薇の咲く季節に






c0224013_21102479.jpg






ちょうど1週間前、
私がブログを始める前から大好きで、お世話になっているナツさんの薔薇に会いに行ってきました。
もう、1週間・・・早いですね。
ナツさんのお庭は私の好きな薔薇がいっぱい・・というか、好きな薔薇ばかり。
モス、ガリカを中心に、山野草などの素敵な宿根草や草花。
渋い色の楚々とした草花が多いでしょうか? 
下草の好みまで似ているので本当に楽しかった。
このお庭の薔薇を参考に、うちの薔薇を揃えていったようなものです(^^)
この日は最高のお天気に恵まれて嬉しい半面、写真はだいぶ(ほとんど)ボツになってしまいました。
ナツさんごめんね~(泣)
私の拙い写真で、せめて、雰囲気だけでも伝われば・・・・・

1枚目の写真はソンブルーユとランブラーの影が落ちるテラスです!
「アユムさ~ん!もうそろそろお茶にしましょうよ~」
夢中で薔薇を撮る私に半ばあきれた(?)ナツさんの声にテラスへ行ってみると・・・!
なんて、綺麗なの!
この美しい影・・・絶句でした・・・そしてまたナツさんをよそに写真(笑)
パーゴラの楽しみは花を愛でるだけじゃないですね。
テーブルクロスも私の大好きなミモザの花が刺繍されたセンスの良い品。
そして白バラ好きの私のために、白いオールドローズだけで作ったアレンジメントを♪♪♪
美味しい紅茶に薔薇の香り・・・夢のようなひと時でした。
私も絶対パーゴラ作る!!!っと、決意した日でもあります(^^)






c0224013_16311480.jpg

            プロリフェラ・ドゥ・ルドュテ、フレデリック2世、白い小花はERのスノー・グース
                              すてき~~~!
              よ~く見るとERのメイヤー・オブ・キャスターブリッジが混ざっています♪ 
                  足元にはERのバーバラ・オースティンも隠れているのです♪ 
           ナツさんの庭ではたくさんのオールドの中でERが驚くほど自然に馴染んでいます
      シスター・エリザベス、ミセス・ドリーン・バイク、コンスタンス・スプライなどなど、そのチョイスも好き♪






c0224013_12433667.jpg

フワフワ~の感触♪





c0224013_1244435.jpg

この蕾の美しさと透明感!





c0224013_1345265.jpg

待っていてくれた?・・・フレデリック2世❤





c0224013_10414611.jpg

美しい色、大好きな薔薇・・・・・ゴールデン・モス~





c0224013_12215878.jpg

可愛いワンちゃんのDeco♪





c0224013_12285432.jpg

「もう少しピンクが薄い時が美しいと思うわ」と、言っておられました





c0224013_12453258.jpg

まだまだ、あちこちにモスモスの蕾がたくさん!





c0224013_15112220.jpg

ナツさんといえばこの立派なジャック・カルティエ!





c0224013_12322142.jpg

この薔薇が何度も気になって、欲しくなりました♪





c0224013_10293316.jpg

太陽にも負けない美しさの立派なボローニャ・・・今年どこで見たのより美しかった!(^^)!





c0224013_12464613.jpg

楚々とした花々・・・こういうの大好きです・・・勉強します(^^)





c0224013_12492180.jpg

お洒落なお母様が1番お好きだったバフ・ビューティーの魅力・・・再確認しました♪





c0224013_9475178.jpg

抜けるような青空の1日・・・オリーブの木漏れ日が気持ちの良いお店でランチ♪





c0224013_12252588.jpg

コーヒーも絶品の素敵なお店でした♪ ナツさんのお母様もお気に入りのお店♪





c0224013_12241087.jpg

あっという間に陽も落ちて・・・・・ジプシー・ボーイ 





c0224013_20452784.jpg

紫陽花にジプシー・ボーイのはなびら











大好きな薔薇友さんとの時間は男女年齢問わず何時もあっと言う間です。




ナツさん、フレデリック2世などなどの苗のことも有難うございました。
また、薔薇の咲く季節にお会いしましょうね♪
あ・・・夏に行くと思います(^^)
次はタイ料理で~~♪


ナツさんにも薔薇にも会えて嬉しかったです。
数年前はお話しさえした事がなかったのに不思議ですね?
ブログで見て憧れていた白バラのコーナーも見ることができて嬉しかったです!
ありがとうございました。
写真うまく撮れなくてごめんなさいね。。。


1番素敵に撮れていたのは薔薇の前で笑うナツさんの写真でした!・・・送りますね♪♪


それでは、また♪



歩夢
[PR]
by rosedeco | 2010-06-10 15:10 | 薔薇を訪ねて | Trackback






c0224013_1720369.jpg






絹のような花びらの薔薇・・・Unique Blanche
または、White Provence
私は<Unique Blanche>という響きが好きでこう呼んでいます。

他のオールドローズが終焉に向かう中、今が満開です。
かなり大好きな薔薇。
不思議で、とてもとても美しい薔薇です。
輝くような白さの薄い薄い花弁。
まるで最高級の絹のよう。
そして、その白さは咲き進むごとに増し、花弁は反り返ってゆきます。
繊細な花とは打って変わって激しい棘の枝ぶり。
赤い蕾の周辺には、ごく薄~く、茶色の繊毛。
美女に野獣?
こんなギャップも堪らなく好きです♪
葉っぱも似つかわしくなく、ゴワゴワでガサガサ!
好きだなあ~、そういうトコ(^^♪
モスローズに似た感触があります。。。
もともとモスローズはセンティフォーリア種の変異だし。。。
Unique Blanche モスになるつもりだった?






c0224013_17434327.jpg











Unique Blanche
作者:Grimwood (イギリス)
作出:1778年
系統:Centifolia
memo: 別名White Provence。花10cm。遅咲き。1.5mくらい。
[PR]
by rosedeco | 2010-06-07 18:27 | 古薔薇 | Trackback | Comments(4)
何度でも・・・






c0224013_20473520.jpg

                           虫は見なかったことにしてください





褪色した薔薇、Baronne Prevost
ローズから始まって紫を秘めたピンクに・・・
4年くらい前に花を見ないで求めた薔薇です。
名前買い?
バロンヌ・プレヴォー・・・素敵な響きじゃないですか?




昨日、薔薇のお友達の所へ行きました。
私にとって、オールドローズの先生のような女性のお宅。
あっちもこっちも私の心にピタリとはまる薔薇ばかりでした!
その中に、素敵なローズ色の薔薇。
あとで連れていっていただいた園芸店でウキウキしながら求めました。
が・・今日、庭を見ていたら良く似た薔薇がある・・・
持っていました!
それに、そういえば、確か・・去年は友達にも買わせました~
「香りも良いし葉っぱも綺麗だしローズピンクから褪色してゆく様がとっても美しいし買っておいて間違いないから!」
「しかもOrd Roseなのに何回か咲くよ!」・・・と。
私の物忘れって・・・ひどいとは思っていたけど。
でも、でも、この薔薇、何度見ても感動する美しさって事ですよね??
きっと、何度でも欲しくなると思います。
「この薔薇はこの美しさに対して評価も知名度も低いと思うの!」
と、怒った記憶まで思い出してきましたっ。
無理やり買わせたKちゃんちでも綺麗に咲いたかしら?
ホントはオールドが好きだけど、四季咲きじゃないと・・・って人にもお勧めです・・・♪
本当に評価が低いと思うんですョ。
私の基本はガリカとモスだけど、最近HPという系統に入れ込んでいます♪
返り咲きのオールドでブルボンはあんまり好きじゃないのですがHPは好きな品種が多いです。
バロンヌ・プレヴォー、素敵な響きの美しい薔薇です。
ナツさんだって太鼓判よ!(笑)






c0224013_2049186.jpg




                          咲いて3日目くらいの色・・・この色がすき♪



c0224013_2048139.jpg







余談です!
Nさまから、「うちのはピンクだよ~、紫になる?」っとメールをいただきました。
不安になって調べてみたのですが、検索画像では、
濃いピンクの物、普通のピンクの物、紫がかったピンクの物、といろいろ。
花形はみんな同じようですから同じ花だと思います。
でも、たまたま、私のバロンヌ・プレヴォーが紫っぽいだけかも知れませんので・・・
今年は花の色も濃いかなあ・・・なので、宜しくです!
しかし、この薔薇はガリカ交配だそうですから褪色がパープル、ありえるかな?
これも私の印象ですが・・・
ポートランドのコンテ・ド・シャンポードに少し似た感じの花や木で花色がシャンポードよりも濃いピンク、という感じかなあ?
花形は微妙に違いますが、あくまで印象です。。(^^)
私にはシャンポードの散り際もパープルピンクに見えるのですが・・・・・はたして?
ちなみに、写真の加工はシャープをかけていますが、あとは何もしていません。

ナツさんいつもありがとう~~!
こういう話、楽しいです♪♪

詳しい事をご存じの方、いましたら教えてください~~!!!

この薔薇を知らないかたに紫の薔薇ね、と誤解をさせてしまう書き方申し訳ありませんでした(>_<)







Baronne Prevost
作者:Desprez,J (France)
作出:1842年
系統:HP
memo 10cm~12cm。ローズピンク。強香。鉢栽培可。ガリカ交配。強権。返咲き。
[PR]
by rosedeco | 2010-06-04 21:37 | 古薔薇 | Trackback | Comments(12)


オフィスくまがい