ブログトップ
ROSE DECO
rosedeco.exblog.jp
<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ある日の午後







c0224013_22283831.jpg







暗い午後だった。
一瞬、一筋の光が差し込んで・・・息をのむ。
美しくて。
それは本当にほんの一瞬だった。
そういうシーンに出逢う為に残りの長い時間をやり過ごしているのかもしれない。
そんな風に思ったりもする。






c0224013_22285212.jpg




小さな子供達みんなに明るい未来が来ます様に。
[PR]
by rosedeco | 2013-06-24 22:52 | 古薔薇
日本の薔薇






c0224013_13464120.jpg







ショウノスケバラ






c0224013_13355937.jpg






c0224013_13364724.jpg




庄之助さんの薔薇?
・・・きっと そう。
涼しげな美しい木だなあと、何時も思います。
原種のバラ・・・野茨の変種だそう。
別名、キンシイバラ(錦糸茨)
1センチにも満たないよう なとっても小さな花が咲きます。
バラらしくない?
っと云えばそうですが・・・
日本の古い薔薇。
私の好きな薔薇。
今年は越後丘陵公園で美しい庄之助を見る事が出来ました♪
可愛いTちゃんと♪
フェーン現象で33度と激暑い新潟だったけど、庄之助薔薇は涼しげだったね^^






c0224013_1337279.jpg




この薔薇はきっとお迎えします・・・
[PR]
by rosedeco | 2013-06-22 14:21 | 古薔薇
今日の庭






c0224013_029361.jpg

どよ〜んと暗い雨模様の毎日が続いています。
こんな日はやっぱり紫陽花が良いなと思います。
藍姫
咲季山草軒から。
山野草好きの人の間では定番?
私が此の花を選んだ決め手はやはり枝葉の美しさ^^
細長い濃いめの葉が美しいです。
枝も細く引き締まってとても良い。






c0224013_23473512.jpg

シックな色のオレガノ。。かわいい。。。
とても好きなので4カ所に植えてあります^^






c0224013_1261780.jpg

薔薇が終わって咲き出します。
関東以北ならオールドローズの時期に咲くかもしれない。
薔薇を邪魔しない草のような地味な花が好き。







c0224013_23481313.jpg

近くには、キャピテーヌ・ジョン・イングラムとシレネガリカ、ブロンズフェンネル、大好きなシモバシラ
果たして此処で霜柱を見れるかな?






c0224013_0503294.jpg

雨が続いて急にやる気になったキャピテーヌのシュート!






c0224013_015243.jpg

10本くらい出たよ〜♪






c0224013_23302740.jpg

宿根したスカビオサのブラックナイトとレーヌデヴィオレット
毎年、全然ヴァイオレットじゃないなあ〜と思う濃いめの派手なピンクのヴィオレッタ。
うちで唯一返り咲きするオールドローズ。
ダークなスカビちゃんと良い感じ♪
ブラックナイト、今年はい〜〜っぱい咲いてます^^






c0224013_23272918.jpg

カラミンサ






c0224013_23271694.jpg

白い小さな花が紫に光ります。。カラミンサ。。大好き。






c0224013_23281423.jpg

かわいい・・・






c0224013_0292990.jpg

造園記念(?)に戴いた大大大好きなアヤメ
ある意味、私にはパーフェクトな花。
もっと上手く写真に残したかった><
私のキーポイントに成る花に出逢えた感じ^^
自分の中で新たな美意識が生まれる瞬間が好き。
それを教えてくれる友がいてくれる事が嬉しい。
サキさんいつも本当に有り難う!






c0224013_0254273.jpg

此の花は何だろう〜?
買い足したいのだけれど名前が解らないっ。
薬草だったはず・・・
笹のような爽やかな素敵な枝葉がとっても好ましい。






c0224013_0363360.jpg

昨日から咲いているスカビちゃん。
あーー可愛い!
わーー可愛い!
なーーんて可愛いの!
と、日に何度も見に行きました。
ぱおさん有り難う♪
このスカビちゃん、ぱおさんみたい。(と私は思った)






どよ〜んと重たい雲の暗い一日でしたが幸せでした♪
6月20日の庭便り。
[PR]
by rosedeco | 2013-06-20 00:00 | 草花とか薬草とか毒草とか
2年3ヶ月






c0224013_3271120.jpg







薔薇のシーズンが終わりました。
窓の外は雨。
春が暑すぎて雨が降らなすぎたから、梅雨らしく雨が欲しいですね。
しかし・・・
関東の此の雨は安心出来るのでしょうか?
国が様々な事を放棄し、隠蔽している今、何処から安心出来るのか・・・
大人はこの際どうでもいいから子供のだけは教えて欲しいと思う人は少数なのでしょうか?
2年経って?経っても?声を上げる人を殆ど見かけません。
薔薇シーズンは親愛なる友のおかげでとてもとても楽しかったけれど同時進行で、
自分の疎開のこと、福島の母子疎開の手助け、友人の母子疎開のフォローをふたつ、
学校との交渉、市との交渉、などに当たっていました。
もうこんなこと、2年に成ります。。。
埼玉県や神奈川県の低線量区域(市測定0.04~0.08くらいの場所)でも
甲状腺検査で嚢胞や結節が多数見つかっていると報告を受けます。
今回、私が検査と疎開を強く薦めた横浜のママさんからも嚢胞が見つかりました。
知っている人なだけに・・正直とてもとてもショックでした。
まだ若いママです。
医者は、「気にする事無い。大丈夫。」と。
???
何が大丈夫なんだ?
此の春から突然の偏頭痛、ドライマウス、ドライアイ、倦怠感、その上嚢胞が見つかっても?
理解出来ません。
先生方はカルテに原発事故由来と書きたくないのでしょうか?
横浜は埼玉の三郷市周辺や千葉の柏市周辺に比べたら空間線量はずっと低いです。
それでも被爆症状は出るし甲状腺の異常も出ます。
空間は0.05マイクロ(市測定)でも、緑区の土壌は500bq/kg〜もありました。
そして、横浜の小学校9校の校庭の汚泥は8000bq超えています。
横浜在住の方はお子さんの被爆に十分気をつけてください。
もう皆さんご存知だと思いますが、
子供は50bq 大人は200bqから多くの人に異常が出始めるそうです。
川根真也先生のベラルーシ報告では子供30bq/kg(!)の土壌線量から危険だとおっしゃっていました。
因に埼玉の三郷は1500bq~3000bq、それ以外で200bq~
東京も深刻で500bq~1000bq平均でした。
千葉は。。友達のお庭で500bq。近くでは3000bqも。。東京より全体的に高い値です。
茨城県水戸市もとても酷い。。お時間のある方はこちらを見てください。
10人検査して9人からセシウムが検出されます。
ひたちなか海浜公園で今年に入っても0.55マイクロ以上です。
そんな場所で子供達は遠足のお弁当を食べています。狂っています。






c0224013_3274313.jpg







彼女は、「今が私の岐路。大切なときだと思う。」と疎開を決意しました。
旦那さんの理解が得られず、赤子を抱えて1人で不動産を廻りました。
とても頑張ったと思います。
でも、探していた甲府市はradexで測定すると空間線量が〜0.12マイクロと高かった。
良さそうな家も見つかっていたから、彼女の落胆ぶりを思うと胸が痛みます。
もう、山梨は手放しで安心できる土地ではないという事実を突きつけられ、
「あゆちゃんの疎開先の岐阜の家に暫くお世話になりたい。」と彼女から連絡を貰いました。
私もそれで良いと思いました。
全てが整った所で彼女のお母様から、
「娘が、また、迷ってる。」
配偶者が、淋しさに耐えられず騒ぎ出したからです。
自殺をほのめかすって、反則ですよね。
そういう旦那を何人も知っています。
その後、彼女から、
「旦那を置いて疎開は出来ない。」と、メールが来ました。
彼女の土壇場でのキャンセルはこれで2度目。
被爆症状も嚢胞もある奥さんの体の心配より自分の淋しさを優先させる旦那なのに。。。
母親に被爆症状があるならその子に被爆の影響が出る可能性の方が高いと考えた方が妥当です。
赤ちゃんは大人の少なくても30倍放射能の影響を受けます。
より、危険寄りの考え方をした方が子供のためになると、私は思います。
でも彼女はストレスでぼろぼろの旦那を最優先事項にしました。
彼女にはその選択がベストだったのでしょう。
自分の命や子供よりも。






c0224013_3291557.jpg




私はもう他人を説得したく在りません。
望まれた場合のみ精一杯手助けはします。。裏切られたとしても。
若い人には自分で決めて、納得して、腹を据えて生きてもらいたい。
旦那さんと一緒に疎開出来る様に頑張るそうです。
説得出来る日が来るのかな?
手遅れに成らないかな?
お子さんが心配です。
こんな事が3度4度と繰り返されません様に。
被爆を重ねません様に。
出来るだけ早く疎開出来ます様にと願っています。
関東以北の人間、被爆した人間にとって死は遠くの話ではなくなりました。
私はその事から目をそらさず様々な事を決断する様に心がけています。
意見の違う人を説得する気もないし、口論する時間もない。
私にムカッと来た方はスルーしてください。
もう2年です。
2年3ヶ月が経ってしまったのです。
福島の子供達の状況は悪く成るばかり。
何一つ良く成った事など無いままに2年が過ぎました。
今回の事を受けて、私の気持ちが少し変わりました。
無事に移住出来たら、その事を此処に書きたいと思います。
[PR]
by rosedeco | 2013-06-19 00:45 | 原発
夢じゃなかった・・・ある日の出来事






c0224013_0262931.jpg





もう、ガリカローズも終焉間近の5月27日・・・・・
花フェスタ記念公園の紫玉の前でばったりお会いする事が出来たtokiさん。
私に花鳥渓谷と原種の薔薇の美しさを教えてくださった憧れの女性です。
そのtokiさんが、カートを引いて私の庭に来てくださいました。
もう、私は、前日からドキドキワクワク!
今思い出しても楽しかった〜〜〜
此の春一番幸せな思い出深い1日に成りました。














続く・・・

More
[PR]
by rosedeco | 2013-06-17 01:25 | ありがとう
散る







c0224013_21114568.jpg







待っていてくれたファンタンラトゥールも散りました。
この薔薇の散りかたが大好きです。
愛していると云っていいくらい・・・






c0224013_21122231.jpg







私は薔薇の花より枝葉を重視しています。
葉が美しくなければ花が好きでも買いません。
逆に、葉が好きだから嫌な花が咲いても迎えてしまう薔薇があります(笑)
花を10日間見ないふりすればその後、蕊とヒップと新緑が楽しめますから!
実は。。ファンタンの葉や茎や枝振りはあまり好きではありません。
我慢出来るギリギリかな。。
でもこの薔薇には1番好きかもと思わせる何かが確実に在りました。
ずっとなんだろう?って思っていました。
散り際、終わり方の美しさだったのかもしれません。






c0224013_21115922.jpg







全てが潔くぱっさり散る訳ではない。
ハラハラ散って・・・
残った花の枯れ色さえ色っぽい。
醜さも美しいと思う。
惚れ惚れする。






c0224013_21124176.jpg





友には、力強く逞しく格好良く生きて欲しいと思います。
311以降、気が付いてしまった人だけに訪れた試練。
よくも悪くも色んな事が試されました。
人ごとでは在りませんでした。
人に吐いた毒は同じ分量で、そっくり貴女を汚してきました。
・・気が付いて良かったね。
がんばろうね。
[PR]
by rosedeco | 2013-06-11 21:46 | 古薔薇
咲山草軒・朝







c0224013_2337144.jpg






sakiさんが庭へ出る気配。
朝弱い私も今日ばかりは飛び起きて庭へ出る。
sakiさんはもう庭の其処ここで挨拶を交わし終え、
入り口の薔薇に優しく話しかけているように見えました。
「sakiさ〜ん!おはよ〜!」
「あゆちゃん、おはよう!」
挨拶を交わしコブシの木の手前に立った時、風が吹いたような気がしました。
風じゃない。。此処は空気の質感が違う。。。






c0224013_23371457.jpg







きっと此処は朝日が集まる場所。






c0224013_23383374.jpg







フランソワ おはよう!






c0224013_018125.jpg







美しい朝。
完璧な朝。
朝の光を浴びて庭も山も薔薇も草花たちも私も光を充電する。
sakiさんの庭の生き物は皆おしゃべりで明るくて、
みんな気持ち良さそうに楽しそうに揺れていた。
此処に来る事があったら、家を背にコブシの木の手前あたりに立ってみて欲しい。
不思議な充足感に満ちたポイント。
私は、子供時代の朝を思い出していました。
ただただ楽しくて期待感に満ち溢れた子供時代の朝。
みんな、ありがとう。






c0224013_1495621.jpg





おはよう。 
おはよう。 
おはよう。
「みんな、元気?」
うん元気よ!
すごく元気!
良い一日を。
あなたも。
あなたも。
永遠に続く良き旅を!
[PR]
by rosedeco | 2013-06-10 13:21 | 薔薇を訪ねて
咲季山草軒へ







c0224013_2348489.jpg







5月の終わり、
sakiさんの家に着いたのはもう夕闇が迫る頃。
ベルイシスが内緒話を始める時間だね。
薔薇越しに覗く窓には灯りが灯って・・・・・・・・・・
ああ、何て良いんだろう。
なんて温かいんだろう。
あそこにはsakiさんがいるからね。






Belle Isiss
c0224013_23554564.jpg







イシスはこの庭で1番のおしゃべりさん。
あなたに会いたかったよ!
待っていてくれて嬉しかった。






François Juranville
c0224013_23563089.jpg







ジュランビルがこんなに美しいことも知らなかった。
様々な場所でフランソワジュランビルと云う薔薇を目にして来たけれど・・・
今まで、好きな薔薇ではありませんでした。
この日この時間ジュランビルを心から美しいと思いました。






François Juranville
c0224013_073656.jpg







スティーブンの作ったパーゴラ。
これを見たかった。
此処に薔薇が覆い被さる姿を。
やっぱりすごい。
スティーブンすごい。
此処にこのパーゴラが建った事によって何かが変わったと思う。
静かに劇的に全てが変わったと思う。
スティーブンでなければ成し得なかったこと。
美しい調和。
「スティーブン凄いね!」
連呼しすぎてイギリスまで私の想いは届いたかもしれません(笑)
梅の古木の精霊も喜んでいる事でしょう。






Yolande d'Aragon
c0224013_0142734.jpg







c0224013_22115653.jpg








c0224013_2212648.jpg








c0224013_0144994.jpg








c0224013_22134133.jpg








Alister Stella Gray
c0224013_23561663.jpg





迫る闇に解け合って何もかもがひとつ。
満開の花、朽ちた花、どちらが美しいのだろうか?
人と植物の境界線?
そんなものは在ったのか?
何もかも解らなくなる。
sakiさんの庭に立った感動をどう現したら良いか・・・
とても難しい。
ひとつ云うなら、
サキさんの庭には人のエゴのようなものが在りません。
元からあった木、新たに植えられた木、薔薇たち、山野草、雑草、石、構造物、家。。。
それらがsakiさんや松村さんやスティーブンという素晴らしい作り手によって美しく調和している。
庭は『自然』への入り口、縮図なのかも知れません。














*咲季山草軒は夜の営業はしておりませんので悪しからず^^;
[PR]
by rosedeco | 2013-06-09 00:51 | 薔薇を訪ねて
愛しのファンタンラトゥール







c0224013_2322487.jpg







c0224013_2423758.jpg







「もう、咲いてないよね、流石にね。」
と、思いながら以前の庭へ向かったのは昨日の事。
大きな茂みの片隅にピンクの薔薇がひと枝残っていました。
私を待っていた?
きっとそう。
ファンタンラトゥール
やっぱり貴男は美しいよ。
壮絶。
美しすぎて溜め息が出ちゃうよ。






c0224013_0401215.jpg







今年はファンタンに触れる事も、
思い出す事さえありませんでした。
何故だろう。。。わからなかった。
昨年まで、あれほど好きで好きで心待ちにしていた大切な薔薇なのに。
思い出したのはsakiさんのおかげかもしれないなあ。
sakiさんと素晴らしい庭の。。。
何かに感動するってすごいですね。
心が柔軟になる。
色々な事を思いました。
良い事も悪い事も。
少し淋しい別れの事も。
薔薇の季節の終わりにファンタン・ラトゥールが見れて良かった。
随分長い事、私と一緒にいるのだものね。






c0224013_0282587.jpg




ファンタン・ラトゥールはやっぱり素晴らしい。
1番好きな薔薇かもしれないと年々その想いが強くなる薔薇。
改めてそう思いました。
[PR]
by rosedeco | 2013-06-06 01:07 | 古薔薇


オフィスくまがい