ブログトップ
ROSE DECO
rosedeco.exblog.jp
時を動かすために







c0224013_0111669.jpg








山のある場所へ疎開しました。
子供と犬と私。
2011年3月11日から止まったままの自分の時間を動かしたくて。







c0224013_027248.jpg








そして、
汚染地で悩み苦しむお母さんと子供達の時間も動かしたかった。
どうしても、そうしたいと思って・・・これは、最初から決まっていた事だったと思う。
前世の続きだよね。







c0224013_0201647.jpg








あれからずっと、頑張ってきました。
『頑張る』って恥ずかしい感じの言葉だけど、私、頑張ったと思うわ。
恩師だった素晴らしい方のお嬢さんの疎開を見届けられた事。
1番の親友を海沿いから疎開させられた事。
自宅で保養受け入れた方々が何組も疎開してくれた事。
本当に嬉しかった。
汚染地から解放された彼女達は今、笑顔だよ。
勿論、悩みはある。。私を含め、お金がないとか、いろいろ(笑)
でも、笑顔。







c0224013_0151343.jpg








山道を愛犬と親友と気ままに散歩する日々を送れています。
美しい山々が心に迫って来る。
空気が普通に吸える。
色んな物を美しいと思える。
これだけで最高に嬉しい。







c0224013_0264310.jpg





今はまだ冷たく厳しい山々。
でも、もうじき此処は山桜で満開になる。
[PR]
# by rosedeco | 2014-03-11 00:00 | Trackback | Comments(18)
ふだん 着物






c0224013_20134551.jpg







この組み合わせは私の冬の定番。
帯はもう100年くらい前のものです。。美しいです。






c0224013_20151183.jpg







この着物、よーく見るとただの縞じゃないのですよ〜






c0224013_2015249.jpg








c0224013_21193945.jpg






一番好きなのは気取らない着物。
大島や黄八丈、久留米絣、郡上織なども好きですが。。。
やっぱり私はレトロなアンティーク着物が好きです。
中でも銘仙が好き。。ずっとずっと愛しています。
私は背が大きい方なので、気にいるアンティークはみんな小さいです。
でも、sakiさんが私に合うように直してくださるって!!!
嬉しいなあ!
まだまだこれらの着物は数百円から数千円で手に入ります。
着物に興味を持ってはいるものの躊躇されている方は是非是非♪
やっぱりこれ以上素敵なものってないと思うから。
因みに黄色と紫の格子の着物は、
「銘仙が好き銘仙が好き。。」って呟いてたら翌日、道端で頂きました^^
紫と黄色の組み合わせは私の色♪ (笑)
この着物は対丈で着てしまいましょう!






c0224013_21165964.jpg







同じ帯でも。。。






c0224013_21171116.jpg







生地に菱が織り込まれた黒、そして抽象模様。
これも、現代では浮かばない絵柄。
こちらも100年前のものとか。






c0224013_21172128.jpg







c0224013_21184357.jpg







着物って本当に美しい。
このレベルが昔は庶民感覚だったのですよね。
信じられません。
いかに現代の感性が退化してしまった事か。。。
一体いつから?
今のものは繊細さや情緒や遊び心の粋が足りません。。。
全然足りません!






c0224013_2128075.jpg




。。。と、息巻く私に不貞寝の小夜子さん。
あのぅ、小夜ちゃんのお布団になってる着物は泥大島なんですけどーーー



着物weekひとまず終わりです^^
お付き合いくださりありがとうございました。
[PR]
# by rosedeco | 2013-08-24 03:07 | Trackback
理想の女性






c0224013_1715496.jpg







この時代の文化が全般好きです。
モボ(知ってます?)だったお祖父ちゃんの影響かもしれません。
小学校低学年の時にはモダンガールの洋装を自作塗り絵にして楽しんでいる今思うと変な子でした^^
母は毎週のように私を美術館巡りに付き合わせる人だったのですが、
抒情画の竹下夢二展に行った時、
竹久夢二より私の目を釘付けにしたのは上の着物姿の女性。
着物の着こなし完璧!
これ以上も以下もない、私の理想形!
今に至ってもこれ以上の着こなしはないかな。。。






c0224013_16191740.jpg







弥生美術館のこちらの本の表紙も高畠華宵。
好きです。
今の物は昔の物にかなうものって殆どないと思ってしまいます。。。
例えば私のお祖父ちゃんですが、総合的だったとおもいます。
一つの美を形にするには、様々な要因が積み上げられているということ。
食べるもの、読むもの、発する言葉、見るもの、聞くもの、
それが見えない肥やしとなってゆくのだということ。
美は一日にしてならずという事を教えられたと思います。






c0224013_16301363.jpg







こよなく愛する柄の一つであり自分に一番に合うと思うものが『縞』です。
縞の中でも最愛は『鰹縞』でしょうか。
この反物は関西のアンティーク着物のコレクターの方のお店で出したものを購入しました。
仕立てて頂いていた女性が亡くなり反物のままで眠っていました。。。
アンティーク好きな方の物だけあって非常にレトロで深みがあり美しいと思います。
さぁいよいよ仕立てますよ〜♪
最高の仕立て屋さんに再会しましたからね〜!
確かな技術を提供する職人に出会えることほど物も人も幸せなことはありません。
sakiさん、どうぞよろしくお願いします。







c0224013_1630514.jpg




これからは着物を生活の中で頻繁に登場させていくつもりです。
[PR]
# by rosedeco | 2013-08-22 00:00 | たからもの | Trackback | Comments(7)
亀甲






c0224013_14164196.jpg







二十代前半に誂えた着物です。
天邪鬼だった私は人と同じが嫌で、
若い子が着ているのを余り見た事がない沖縄紅型の着物にしました。
民芸チックに偏りすぎたくなかったから、生地、染め、からオーダーしました。
地模様には大好きな亀甲を波のように拡げてもらいました。
とくに背が美しいように。
高畠華宵の絵の中の不良な感じのご令嬢みたいなイメージで。
亀甲は私の一番好きな文様です。






c0224013_14215867.jpg







c0224013_17512425.jpg







気が遠くなるような紅型染の作業。
美しいです。
昔も今も。






c0224013_14211045.jpg







若い娘が細かく細かく注文を出してきて、各工程の職人さん、さぞ煩かったでしょう。
でも楽しんでくださったと思います。。。
いいでしょう〜?
外車1台分のお値段になりましたが、それ以上に満足でした。
今も尚、満足しています。
若い頃とは帯を変えて今も着ています。
ここぞ!という時に!
30代までかなーーと思っていましたが、40代でも着ちゃう♪






c0224013_1417251.jpg







ごく古典な柄を紅型で。。。気に入っています。






c0224013_14174560.jpg







幼少時から着物を誂えてれる母に叔母達に、
子供っぽい麻の葉柄の着物より亀甲がいい〜矢羽根がいい〜と言っていました。
今回疎開した美濃市の紋章は亀甲でした。
それを見た時、やっぱりね。。とつぶやいてしまいました。
ご縁というものは巡り巡っているものですね。
無意識におこなって来たことの中にこそ大事なキーワードは散らばっていて。。。
予言めいたものが多いように感じます。
この時、生地を染めてくださった方は無形文化財の女性でした。
着物の内側に名前が入っていました。
恵子さん。
私はどうもこの名前の女性に深くご縁があるようです。
もちろん好い事の♪






c0224013_1419772.jpg





日本の『美』ほど洗練されて粋で華やかで。。こんなに深いものはありません。
美濃市という古く美しい町に疎開して、そのことに改めて気がつきました。
手仕事や文化を途絶えさせてはいけない。
安い早い量販品にはない大事なものが潜んでいます。
私は、日本にはもう文化しかないのでは?とさえ思っています。
武器を放棄する代わりに日本文化の美を復活させたい。
友人のsakiさんとお話しさせて頂いた時に知ったことですが、
才能のある職人さんが食べていけず、どんどん辞めてしまわれるそうです。
言葉がありません。
経済優先のその先が自殺者の山となった日本。
美しいものは心も育てます。
本当に美しいものを作る人は美しいと私は信じています。
職人さんには誇りがあります。
金のためだけに仕事をしているのではありません。
これからは日本の素晴らしい手仕事の紹介を増やしていきたいと思います。
埋れさせてはなりません。
失うということは二度と戻ってこないことが多いのですから。



どうぞ、よろしくお願いします。
[PR]
# by rosedeco | 2013-08-21 16:32 | たからもの | Trackback | Comments(9)
花火






c0224013_321274.jpg








きれいだったね。



毎晩花火を心待ちに生きる子供たちの心が羨ましくなりました。
私達にもカキ氷とか花火とか泥んこ遊びにときめいた頃があったよね。
そんな子供時代のキラキラした宝物のような一時さえ奪った原発。
私は原発も核保有も戦争も絶対反対します。
どんな理由があっても戦争や武器の保有はだめ。
声を大にして反対して行きます。
なんだか覚悟が強くなりました。
え?もっと?
もっとです〜
一生なんて花火みたいに終わっちゃうから。






c0224013_454224.jpg








今回保養にきて下さった方と過ごした時間は本当に楽しくて、
私の一番大事に想う空気とか何かが始まる時の綺麗な泡のようなものが、
あの1週間にはギュッと詰まっていたように思います。
ほんとうにありがとう。


好きな人とたくさん笑っていきたいです。
そんな時間を作る努力を惜しみません。


こんなに喜んで貰えるならもう少し奮発した花火にすれば良かったな^^
[PR]
# by rosedeco | 2013-08-19 00:00 | Trackback | Comments(6)
暑い夏 楽しいね!






c0224013_2331768.jpg






暑いですね!
でも・・クーラーなんていらないよ。
付けてしまったら勿体無い?
だって、






c0224013_2351744.jpg







この穴に足を踏み入れて、急勾配を滑り降りたら、、、






c0224013_23241085.jpg







ほら
見えてくる!






c0224013_2354559.jpg







c0224013_2361632.jpg







c0224013_2383218.jpg







c0224013_23191658.jpg







遠くへ行っちゃダメだよ!






c0224013_23181125.jpg







上手なバタ足見せてくれてありがと!






c0224013_14262430.jpg







魚とれるみたいよ?







c0224013_14274999.jpg







夜ご飯のおかずゲットヨロシクね〜
「了解です!」






c0224013_14275913.jpg







小さいお魚がとれました。
これ美味しいらしいです(地元の人談)
この辺は鮎がとれる名所でもあります。
川が飛び抜けて綺麗なんですね。
鮎、子供達に食べさせるの忘れちゃったなあ。






c0224013_2363950.jpg





美濃の夏はとてもとても暑いです。
でも、家の目の前には川があります。
毎日、家を出てすぐのところで立ち止まってしまう。
川が見えるとため息がでる。
美しくて。
保養に来ていたママと馬鹿みたいに毎日毎日毎日、感動していました。
山も川も空も美しい。
ほんとうに。
汚れた関東から来た私たちは、時々、意味もなく泣きそうになります。
自然とは何て素晴らしいのでしょうか。
存分に川遊びに興じたあとは冷たい西瓜もスタンバイ!
クーラーで冷え切った身体で食す西瓜とは美味しさが全然違うんだね。
、、、私が小さい頃にも、まだ辛うじて存在していたフワリとした感触の夏。
夢のように楽しい夏休み。
夏の魔法。



また 出逢えたね。

More
[PR]
# by rosedeco | 2013-08-18 00:00 | Trackback | Comments(7)
美濃の古い家







c0224013_117208.jpg





美濃の家は優しい。
古い時代の日本の良いものが全てある家。














*キーボードの不具合のためお返事が遅れます〜申し訳ありません(>_<)
[PR]
# by rosedeco | 2013-08-16 00:00 | Trackback | Comments(8)
私に出来ること






c0224013_2219391.jpg






山本太郎さんが当選しました。
都民の皆さん、ありがとうございました。
三宅洋平さんは17万票取りながらの落選。
当選した議員さんより多く票をとっていましたから、本当に残念。
でも彼が伝えたかった事、しっかり理解しました。
山本太郎さん、三宅洋平さんが、命懸けで訴えてくれた事。
私は忘れません。
子供を、命を守りたいと、私達の代わりに立ってくれた人です。


あなたは安全な場所にいますか?
本当に大丈夫ですか?
脱原発は安全な場所から訴えようね!


太郎さんが震災後に呟いた言葉。
私も今、本当にそうおもいます。
私が住む埼玉県は、関東地方の中で汚染がごく低い地域です。
東京全域や横浜などより低いです。
低いから双葉町が避難してきたのだと思います。
でも、引っ越します。
放射能にしきい値は無いって知っていますか?
福島よりましだから、とか、駄目。
大人も駄目なんだよ。
危ないんだよ。
山も川も空気も、触れる土さえ汚染されてしまって、
その場所でどうやって、自然と共存して行くの?
チェルノブイリでは0.07〜0.08マイクロで保養対象でした。
東京にはもうそんな低い場所などありません。
茨城、群馬は、言うまでもありません。
私が住む埼玉はギリギリ。
でも誰も保養なんてしてないよ。
食べて応援しているよ。
給食には率先して汚染食材を使う。
子どもの体はゴミ箱でしょうか?
悲しくて気持ちが悪くなります。






c0224013_21185174.jpg







c0224013_22165748.jpg







私はきついと言われます。
死んじゃうかもしれないから、逃げようって言うのがそんなにきつい?
・・しばらくウチにに来たらいいよ。
家くらい探してあげる。
それでも?
めいわく?
きつい?






c0224013_2217741.jpg







子どもが病で苦しむのは見たくありません。
八月から、疎開先の岐阜県美濃市で保養受け入れを始めます。
完全非営利です。
福島県のかたは一日500円。
茨城、群馬、栃木、のかたは1000円。
高線量地域を除く関東全域のかたは1500円。
食事は自炊して頂いて・・・と、だいだいこのような感じで考えています。
金銭が残りましたら、福島の方の交通費やレジャー費の寄付に当てたいと思います。






c0224013_06396.jpg




八月は前半後半と、一組ずつ保養にいらっしゃる方が決まっていますが、
後半はもう一組大丈夫だと思います。
岐阜県美濃市です。
目の前は美しい板取川!
鮎釣りもカヌーもできます。
古い町並みも美しく、温泉も近くにあります。
野菜や果物も新鮮で激安です!


rosedeco@excite.co.jp



町の様子、保養の家の様子、少しづつに成りますが紹介していけたらと思います。
どうぞ宜しくお願いします。
[PR]
# by rosedeco | 2013-07-27 22:27 | Trackback
選挙フェス@渋谷ハチ公前





c0224013_0472082.jpg




選挙フェス@渋谷ハチ公前



三宅洋平・緑の党
すべての武器を楽器に!


①文化を最大の輸出品に

②復興は補償から

③除染から廃炉ビジネスへ

④送電線から蓄電技術へ

⑤消費増税より金融資産課税を

⑥大規模農業から家庭菜園へ

⑦官僚主権から住民主権へ

⑧破壊の公共事業から再生の公共事業へ

⑨憲法9条を世界遺産に



4分頃から山本太郎さんと抱き合って登場。
圧巻
惚れるよ!

三宅洋平@渋谷ハチ公前 絶対見て!
[PR]
# by rosedeco | 2013-07-20 00:00 | Trackback | Comments(4)
カザルスの母にならない為に私達が出来る事






c0224013_14305216.jpg

                                      Typ Kassel




戦争で死ぬのは、徴兵されただけの善良な市民だ。
恨むべきは敵の兵隊じゃない。
戦争を仕掛けたゴミのような政治家だ。
自分が死んでも家族は悲しむし、
相手が死んでも相手の家族が悲しむんだ。
一番悪いヤツは、人を人と思っていない、殺し合いをさせるクズ野郎の政治家だろ?
そんな奴らは追放だよ。






これは、チダイさんが呟かれた一言です。
全くもってその通りなんです。
涙が出てきます。。。
私が記事にしたいと想っていた事、そのもの。
引用させて頂きました。
今、自民党党首は憲法改正して日本人が人殺し出来る様にしようとしています。
そして徴兵を拒否したら懲役刑にすると公言する石破氏。
自民党狂っていませんか?
私は以前、原発が爆発してすぐの記事で、今日本には戦争の気配が漂っていると書きました。
あの頃はそんな事誰も云っていませんでしたから色んな方に何云ってるの?と云われました。
それが今、目の前の現実と成りつつあります。
今回、本当に本当に大切な選挙です。
この選挙で自民が圧勝などするようなら、私は日本を捨てる覚悟を持つでしょう。
カザルスの母の様に。
私は自分の子供を兵隊にする為に生み育てた訳ではないのですから。
友達からカザルスの母の話を聞いた時、とても感動しました。
その友が今回、戦争について選挙について原発について記事にしてくれた事に、
私は同じくらい感動しました。
私を含めこのような記事を書きたい人などいません。
みんな美しいものだけを書く為に始めたブログですから。
でも、今も福島で苦しむ方々の事を想うと優雅に綺麗事だけ書いているのは嘘だ。
そういう私の言葉に頷いてくださった友達。
何人もの友が決意してくださった事、泣くほど嬉しかったです。
ありがとう。


そろそろ目を開いて真実を正面から受け止めてもいいのではないでしょうか?
日本が今、危機的状況、没落寸前です。


私はミュージシャンの三宅洋平さんと福島出身の木田せつこさん応援しています!
お二方とも緑の党、比例区です。
東京都民なら迷わず山本太郎ちゃん!も書けますね♪(うらやましい)
『地球を取り戻す』
緑の党の考え方が好きです!
そう、経済主体の『強い日本を取り戻す』なんてどうでもいいことです。
小っさい事です。
今、リアルにナウシカの世界に成りつつあるのですよ?
そして、未だ苦しむ福島の子供達を助けずして何が経済だよ?。。と思う私。
脱原発、脱被爆、原子力協定にまでハッキリ言及しているのも緑の党だけだと感じます。



貴男が平和を願うなら・・・
選挙に行きましょう!
カザルスの母に成らない為に私達が出来る大切な2枚の紙、1票です。















*コメント欄オープンですがお返事が遅れます。申し訳ありません。
[PR]
# by rosedeco | 2013-07-19 14:53 | Trackback | Comments(15)


オフィスくまがい